プロテクション倶楽部

【DSSCが着目した新たな防衛】

プロテクション倶楽部とは、人が生きて行くために必要な大切な二つのもの(資産)を守る(プロテクションする)ための会員制組織です。

個人が持つ大切な二つの資産とは、第一に「健康」、二つ目は「経済的な(=家計)資産」だとDSSCは考えます。

【資産防衛の体制】

プロテクション倶楽部運営にあたり

以下、組織体制の説明では、DSSCと共にLCLと福祉臨床協会の協力体制の図式となります。

 
 
 

【プロテクション倶楽部・概略】

壮大な構想となるプロテクション倶楽部の概略を簡単にご案内いたします。

  • 「健康寿命の延伸」に関する資産防衛①の運営は、DSSCが構築した情報システムと医療分野のエキスパートであるLCLとの連携により行います。
  • 福祉臨床協会はプロテクション倶楽部に依頼し、会員の健康寿命の延伸をはかります。
 
■ ホームページはこちら ■ ■ ホームページはこちら ■
 

以上のようにDSSCは個人の資産を守る取り組みを「資産防衛」と総称し、各分野のエキスパートと連携して運用して参ります。

資産防衛②は「資産価値の保持」を目的としたDSSC独自のサービスです。Switzerlandの老舗銀行などさまざまな資産運用のシステムを活用または創出し、会員の持つ資産価値の低減を防ぐ取り組みを行います。

尚、関連したサービスとして「利殖・投資」をご用意致しましたが、資産防衛とは趣が異なるため別のコーナーにて解説いたします。